スペイン中部ラマンチャ州は首都マドリードから約200km、車で約2時間のところに位置しており、標高は700m程度で気温は日本とさほど変わらないが乾燥した気候が特徴で雨は年間を通して非常に少なく、30mm程度しか降りません。また、昼間の気温に比べて朝晩の気温は低く、一日の寒暖の差が大きいことも特徴です。

この気候を生かしてワイン用のブドウが栽培されています。